最高のリラックスタイム

紫陽花が見頃です。私は雨の中の紫陽花を見るのが大好きです。でも、じめじめして心がすっきりしないことがあります。そんな時はヨガで心と体をリフレッシュします。ヨガには「心をと体をつなぐ」という意味があるそうです。私はヨガを始めて2年ほどになります。月に2回の90分のヨガの時間がとても大事な時間となっています。

ヨガには色々なポーズがあります。腹式呼吸をしながら、普段使っていない筋肉をゆっくり伸ばします。酸素も血液も体を循環するので、気持ちが良くなり眠くなってしまいます。私の一番好きなポーズは、ヨガのクラスの最後の5分くらいでする「屍のポーズ」です。別名“ヨガの女王”と言われており、その名の通り最高にいい気分になれるのです!

ある日、ヨガマットの上に横になり全身の力を抜いて目を閉じて(屍のポーズ)、ゆっくり呼吸をしていました。とても気持ちが良くなり寝入りそうになったとき、私の頭の中に無限に広がる宇宙が浮かびました。数え切れない星が光輝いていて、いくつもの惑星が浮かんでいました。私も一緒に浮かんでいるような気分になり、「私は宇宙に存在している!確かに存在している!」と思いました。ちょうどそのとき、誰かの強烈にやかましいいびきで、その神秘的な光景は一瞬に消えてしまいました。IMG_3500

日頃その宇宙の光景を思い浮かべては、些細なことを気にかけたり未来のことを心配して不安になったりしなくていいんだ、肩の力を抜いてそのままの私でいいんだって思います。心が軽やかになります。

「心をと体をつなぐ」とは具体的にどういうことかは分かりませんが、ヨガの時間はまた何かを感じられそうな期待感でいっぱいです。特に最後の5分が私の最高のリラックスタイムです。